2018 第30回神明の花火大会テーマ

平成30年8月7日開催、神明の花火大会のテーマが決定しました

界に届け「神明花火」 平和への祈り

   ~ありがとう30周年 あなたと共に

《テーマにかけた思い》

「世界平和」。

日々、安定した生活を送っている私たちですが、世界に目を向けると不安定な政治

情勢の下、明日の生命すら保証されない生活を強いられている国・地域があります。

そこでは多くの人々が家を失い、愛する人を亡くし、悲しみに暮れています。

日本でも近年は、様々な災害が発生し、そのたびに多くの方々の

大切なものが失われています。

そんな中、毎年、様々な方の想いを乗せて『いちかわみさと』の夜空を彩る神明の花火は

平和の象徴そのものです。そして、30回という節目をこうして無事に迎えられるのは

多くの方々のご理解、協力はもちろんのこと、当たり前の生活を当たり前に送ることのできる

平和な環境があってこそです。

「全ての国と人々に平和と安定の日々が訪れますように」。

「30周年を迎える神明の花火大会がいつまでも“平和の象徴”として、

そして“地元の誇り”として「あなた」とともに歩み続ける花火大会でありますように」。

『いちかわみさと』から平和への祈りを込めて打ち揚げます。

夏に向けて、神明の花火情報をお伝えしていきます

 

 

 

 

Comments are closed.